「いま、ここ」を真剣に生きるとは?

「嫌われる勇気」を読み込み実行して自分に落とし込んでやろうと企んでいます。

昨日、何度目かの読了をしたわけですが、今まで分かった気になって軽く流していたところがありました。

「『いま、ここ』を真剣に生きる」

言葉としてはむずかしくないし、どこかで聞いたことのある感じで特別めずらしいものでもありません。「まあそうだよね。やっぱりそれ大事」くらいでつい流しちゃう。

だけど、この言葉をそのまま頭に入れるだでは十分ではなく、「自分だったらどんな行動になるのか?」というところまで深掘りした方がいいでしょう。

「いま、ここ」は分かりやすい。頭に浮かぶ過去や未来ではなく目の前に展開され続けている現象のこと。僕にとっての「いま、ここ」は、iPhoneでフリック入力をしてブログの文章を綴っています。

分かりにくいのは「真剣に生きる」の部分。いろんな捉え方ができそう。

  • 人生の目的に沿って生きる
  • 思い切り楽しむ
  • 目の前のことに集中する
  • ふざけたことをしない
  • 時間を無駄にしない

捉え方によってはすごく息苦しい生き方にもなりそう。

僕の理解では、「目の前のことに集中する」と捉えています。最近ハマってる漫画「鬼滅の刃」に出てくる「全集中の呼吸」のイメージ。

コーチングで傾聴している瞬間は「いま、ここ」に集中できているので、まったく無縁のものではありません。あとはそれを他の瞬間にも使えるようにすること。まさに「鬼滅の刃」の寝てるときも全集中の呼吸をする修行みたい。

常時集中ってすごく疲れそう。60分間のコーチングでもかなりエネルギーを使うのに。

でも、考えてみると、それだけのエネルギーを使うなら意味のあることをしたい、無駄なものに貴重な時間とエネルギーを使いたくないとも思えてくるかも。

僕にとってはコーチングの傾聴の感覚が役立ちそうです。まずはこの感覚を他の行動でもやってみます。

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。