あとで読むサービス「Pocket」を使えば、必要な情報を厳選し、情報収集を効率化できる!

情報収集に「あとで読む」サービスのPocketを使っています。

Pocket (Formerly Read It Later)
このサービスを使い始めてよかった点をまとめてみました。

Pocketとは?

今は時間がないけど気になるからあとで読みたいサイトがあるときに、それらを集めておいてあとで時間があるときに読めるサービスです。

毎日ものすごい数の情報が洪水のように流れてくるので、それらすべてに目を通すことは不可能です。

しかし、できる限り必要な情報は得たいところ。

この情報の洪水から自分に必要そうな情報をプールしてくれるのがPocketです。

集めたアイテムはクラウドで同期するため、Windows、Mac、iPhone、Androidとあらゆる端末から同じ情報にアクセスできます。

ちなみに無料のサービスです。

Pocketの良いところ

情報収集の時間を効率化できる

情報をその都度読みながら収集すると、たくさんの情報に目を通すことはできません。

そこで、まずはPocketを使って「収集」をします。

気になる情報を片っ端からPocketに送信し、このとき本文は読みません。

数分あればかなりの情報を集めることができるでしょう。

あとは時間があるときに、Pocketに集まった情報を に目を通して「処理」していきます。

情報にフィルタをかけられる

Pocketにたくさん情報を集めたからといって、全部に目を通すわけではありません。

中には、「なんでこれをあとで読もうと思ったんだろう?」というものもあるし、読むことなくずっと残っているものもあります。

仮にPocketを使ってなかった場合、これらの読む必要のない情報までその場で読んでいた可能性があります。それははっきり言って時間の無駄です。

Pocketで情報の「収集」と「処理」を分けることで、情報にフィルタをかけ、必要な情報だけを厳選することができます。

使い方のポイント

そんなPocketにも読み切れないくらいの情報が集まってきます。

だから、その中からさらに厳選した情報だけに目を通すことで、必要な情報を少ない時間で得ることができます。

使い方のポイントはPocketのアイテムを全部読もうと思わないことです。改めて読みたいと思うものだけ読めばいいのです。読みたくないものは消してしまってもいいでしょう。

あとがき

情報の洪水の中にいると、本当に必要な情報は見えにくものです。Pocketにプールすることでゆっくり吟味することが可能になります。

RSSと組み合わせることで、さらに効率良く情報収集できるようになります。

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。