お酒による記憶喪失から記憶を取り戻す方法

お酒を飲んで記憶を無くしてしまう方が、失われた記憶を少しでも取り戻すためのアイデアがあります。

写真で情報を記録する

そのアイデアとはスマホで写真を撮るだけです。

写真には日時、位置情報、光景が記録されるため、記憶を掘り起こす重要な手掛かりになります。

お店に入るとき、一緒にいる人、料理、移動するときなど、行動の節目に撮っておくといいです。

ビールをおかわりする度に写真を撮ってみると何杯飲んだのかも分かります。

周りの人を不快にさせないためにシャッター音が鳴らないアプリの方がいいでしょう。私はFastEver Snapでシャッター音を消して使っています。

私は自分の行動を写真で残すようにしています。それがお酒による記憶喪失にも役に立ちました。

そもそも記憶を無くすほど飲まなければいいだけの話ですけど。

お酒による記憶喪失についてこちらの記事もどうぞ!

私が抱えるお酒の問題 -記憶喪失-

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。