子育ての目標は子供に「お父さんのようになりたい」と言われること

小学生の頃、「尊敬する人は両親」というクラスメイトが信じられませんでした。

今でこそ両親を尊敬していますが、当時は「ごく普通」である両親を尊敬する気持ちはありませんでした。

尊敬に値するのは、もっと「すごい人」だと思っていたのです。

憧れの存在でありたい

自分が父になって思うのは、子供の憧れの存在でありたい、ということ。

子供に「お父さんのようになりたい」と言われたいんですよね。

この言葉、最高の褒め言葉です。こんなこと言われたら、涙腺がゆるい私は泣いてしまうかもしれません。

小さい頃は言ってくれるかもしれませんが、中学生、高校性になると難しいでしょう。そんな難しい時期でも、言葉には出さなくても、心の憧れるような存在でありたいです。

どうやって達成する?

どうすれば憧れる存在になれるのか?

現時点の私の答えは、「自分自身が人生を楽しむこと」です。

そうすると、「なんかお父さん楽しそう。自分もあんな風になりたいな」と思ってくれるのではないかと考えています。

憧れる憧れないは子供の問題なので、私にできることは多くありません。

自分の人生を楽しみつつ、子供との時間を大切にする、それくらいです。

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。