気がつけば親指シフトがローマ字入力を超えていた

SAMSUNG

完全に親指シフトに移行してずいぶんと時間がたちました(おそらく1年半くらい)。今では配列表なしで難なく仕事もこなせています。

逆にローマ字入力を身体が忘れてしまって、たまにやると親指シフトのキーを押してしまい、使い物になりません。他人のPCを使うときがピンチです。

入力速度は親指シフトがローマ字入力を上回っていた

感覚的にはすでにローマ字入力と変わらないくらいの速度で打てているのですが、計測していなかったので、久しぶりに親指シフトの入力速度を測ってみました。

結果は、5分間300文字で、親指シフトを始める前に計測していたローマ字入力の5分間288文字を超えていました。

親指シフトの真髄はスピードではない

親指シフトの良いところは、スピードではなく、頭の中の考えをローマ字に変換しなくていいから楽なところだそうです。わざわざローマ字に変換するから、脳がめんどくさくて無意識に少ない文字数にしようとしてしまうのだとか。

これは実感していて、以前よりアイデアが浮かびやすくなったし、自分の思いもすらすら書き出せるようになりました。

今では手書きで紙に書くよりPCの方がアイデアがでてきます。紙に下書きしてブログを書けと言われたらおそらく書けないと思います。

あとがき

親指シフトはWindowsでもMacでも使えるのでどなたにもオススメです!

参考記事

気になる方はこちらを参考にしてみてください。

親指シフトまとめ | ものくろぼっくす

親指シフト初心者はGoogle日本語入力でサポートする | K-signpost

 

 

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。