今まで日記を挫折してきた人でも続けられる!EvernoteとiPhoneで日記を書く方法

スポンサーリンク

日記、続いてますか?

私は、紙の手帳での日記は何度も挫折していますが、片時も離さないiPhoneを使うことで、毎日欠かさず日記を書けるようになりました。

iPhoneには様々な日記アプリがあるなかで、私はEvernoteで日記を書いています。

以前は、DayOneを使っていたのですが、私の環境ではうまく運用できませんでした。デザインがおしゃれで好きなんですけどね。

【参考】DayOneをやめてEvernoteで日記をつける

今回は、Evernoteでどのように日記を書いているかを紹介します。

日記の形式

1日1ノートで、行動の記録、子供の記録、思ったこと、感じたこと、アイデアなどを、時系列で入力しています。

▼こんな感じ

日記を挫折させることなく続けるポイントは、行動の記録をメインに書くことです。感想を書こうとすると、書くことが思いつかなくて書けない、という挫折への道を進んでしまいます。

【参考】日記を毎日欠かさず書けるようになったきっかけ

時系列に並んだ行動の記録だけでも、あとから読み返したとき記憶がよみがえるものです。

日記の上部に、ツイエバ、位置情報を記録したMoves、今日の天気へのノートリンクを貼り付けて、情報をまとめています。

StackOneとEvernote公式アプリで日記を書く

日記を書くために使用しているアプリを紹介します。

以前は、入力も閲覧もSmartEverを使っていましたが、現在はStackOneとEvernote公式アプリを組み合わせて使っています。

StackOneとEvernote公式アプリの役割を説明します。

ノート作成、入力、追記→StackOne

最初にStackOneの設定をしておけば、毎日自動的に日記専用ノートを作成してくれます。(作成タイミングは、その日の最初の入力をしたとき)

しかも、日付とタイトルまで入れてくれるのです。

StackOneで入力すると、タイムスタンプ付きで、日記専用ノートの最後尾に追記されていきます。

毎日0時以降(自分の好みの時間を設定できる)は自動的に新しいノートになるので、ノートの切り替えを気にすることなく、ただひたすら入力していけばいいが楽です。

閲覧、編集→Evernote公式アプリ

日記の閲覧、編集は、Evernote公式アプリを使います。

動作が少し重いのが気になりますが、現状はこれがベストです。

Evernote公式アプリなら、写真やノートリンクを貼っていても、編集できます

SmartEverはプレーンテキストでないと編集できない(編集するには別ノートになってしまう)ため、PCで写真やノートリンクを貼ると、SmartEverでは編集できなくなっていました。

閲覧をEvernote公式アプリにしたことで、瞬時レビューがやりやすくなりました。

【参考】きちんと瞬時レビューをやって日次レビューを楽にする

気に入っているポイント

どれだけたくさん入力しても、Evernoteで1つのノートにまとまることが気に入っています。

DayOneでは、1回入力するごとにDropboxに1つのファイルが作成されるため、ちょっとした気持ちを記録することに抵抗がありました。これにより、日記を書く量が制限されてしまうのです。

Evernoteの日記であれば、そのような制限なく、思いつくままにどんどん入力していけます。

あとがき

iPhoneとEvernoteの組み合わせた日記は、とても快適です。

これまで日記が続かなかった人は、一度試してみてください。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

友だち追加
follow us in feedly
スポンサーリンク