Todoistの使い方『Lesson3 タスクを先送りする』

slooProImg_20150624174310.jpg

前回、Lesson2は「タスクに締切日を設定する」でした。

今回は「タスクを先送りする」です。

操作方法

タスクを先送りする

今日完了できないタスクは締切日を明日以降に変更して先送りします。

▼タスクをタップする
slooProImg_20150626123650.jpg

▼カレンダーアイコンをタップする
slooProImg_20150626123650.jpg

▼先送りしたい日付をタップする
slooProImg_20150626123652.jpg

これで締切日を変更できます。この操作で今日のタスクからは消え、新たに指定した締切日に再び登場します。

自分の意志で先送りする

タスク管理を始めたらなんでもテキパキこなして先送りがなくなる、なんてことは起こりません。

やりたくないものはタスク管理をやってもなかなかできません。(私の場合、庭の草むしりがそうです。虫こわい…)

むしろ、タスク管理をするからこそ先送りができるのです。

タスク管理をしてないときは、先送りしていることすら気づいていません。タスクは頭の中だし、そもそも締切日を決めてないから先送りではありません。

自分の意志で先送りしているということが重要です。

先送りして問題ないものは潔く先送りし、期限厳守のものは確実に完了する。

この取捨選択ができるのはタスク管理をしているからです。

先送りに罪悪感を感じる必要はありません。

何度も先送りされているタスクがあれば、タスクを分解する、時間帯を変えるなどの工夫をしてみるといいでしょう。

▼次回はこちらです!
【タスク管理を始めたい方へ】Todoistでタスク管理を身に付ける 『Lesson4 タスクに毎日リピートを設定する』

▼この連載のまとめはこちらです!
タスク管理ツール「Todoist」関連記事まとめ [タスク管理初心者向けもあります] | さいんぽすと

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。