Todoistの使い方『Lesson6 プロジェクトでタスクを分類する』

スポンサーリンク
slooProImg_20150624174310.jpg

前回、Lesson5は「タスクに毎週、毎月、◯日毎リピートを設定する」でした。

今回は「プロジェクトでタスクを分類する」です。

操作方法

プロジェクトを作る

▼「プロジェクト」タブをタップする
slproImg_201507031546360.png

▼「+プロジェクトの追加」をタップする
slproImg_201507031546361.png

▼プロジェクト名を入力して完了をタップする
slproImg_201507031546362.png

プロジェクトは自分で好きな名前を付けることができます。

ひとつのタスクをプロジェクトに移動する

▼タスクをタップして一番右のアイコンをタップする
thumbnail.jpg

▼「プロジェクト」欄をタップする
slproImg_201507031551471.png

▼移動先のプロジェクトをタップする
slproImg_201507031551472.png

タスクを登録するときに一緒にプロジェクトを選択することもできます。

複数のタスクをプロジェクトに移動する

▼受信トレイを開いて右上の「・・・」をタップする
slproImg_201507031546363.png

▼「複数のアイテムを編集」をタップする
slproImg_201507031546364.png

▼同じプロジェクトに移動したいタスクを選択して右下の「・・・」をタップする
slproImg_201507031546365.png

▼「移動する」をタップする
slproImg_201507031546366.png

▼移動先のプロジェクトを選択する
slproImg_201507031546367.png

複数のタスクをまとめて移動できるので便利です。

プロジェクトを使って必要なタスクだけを表示する

ここまでTodoistを使ってきた方の受信トレイにはたくさんのタスクがたまっていることでしょう。

その中には、仕事、家事、子育て、買い物など、様々な種類のタスクが混ざっています。

タスクが多くなると、今必要なタスクがその他のタスクに埋もれて見えづらくなってきます。

仕事中に「子供の爪を切る」タスクが見えていてもどうしようもないし、休日に仕事のタスクは見たくありません。

不要なタスクが見えていると、気が散るし、今やるべきことを取りこぼしてしまう恐れもあります。

プロジェクトでタスクを分類すれば、仕事中は仕事のタスクだけ、自宅にいるときは自宅のタスクだけを表示できます。

最初はどのようにプロジェクトを分ければいいか分かりにくいかもしれません。

まずは「プライベート」、「仕事」、「買い物リスト」くらいで分けてみるといいでしょう。使っていくうちに自分に必要なプロジェクトが分かってきます。

参考までに私のプロジェクトの一部を紹介します。まだ試行錯誤している段階で、これからも変わっていくと思います。
slproImg_201507031603580.png

有料プランの「ラベル」、「フィルター」を使えば、さらに細かくタスクの表示をコントロールできるようになります。

▼次回はこちらです!
Todoistでタスク管理を身に付けよう!『Lesson7 毎日受信トレイを空っぽにする』

▼この連載のまとめはこちらです!
タスク管理ツール「Todoist」関連記事まとめ [タスク管理初心者向けもあります] | さいんぽすと

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

友だち追加
follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。