Todoistの使い方『Lesson7 毎日受信トレイを空っぽにする』

slooProImg_20150624174310.jpg

 

前回、Lesson6は「プロジェクトでタスクを分類する」でした。

今回は「毎日受信トレイを空っぽにする」です。

INBOXゼロ=受信トレイを空っぽにする

私のTodoistの受信トレイはいつも空っぽです。

slproImg_201507090815380.png

もちろん毎日新しいタスクは入ってきます。

空っぽの理由は、「INBOXゼロ」という仕事術を使っているからです。

仕事術といっても難しいものではありません。

「INBOX」とは受信トレイ。それを「ゼロ」、空っぽにすることです。

INBOXゼロのやり方

  1. 新しいタスクは受信トレイに入れる
  2. 受信トレイのタスクに期限を設定して、プロジェクトに移動する
  3. 1日1回は2をやり、受信トレイを空っぽにする

すべてのタスクを受信トレイではない、どれかのプロジェクトに移動します。

これを毎日必ずやります。あらかじめ、やる時間を決めておくといいでしょう。

なぜINBOXゼロが必要?

受信トレイは自宅のポストみたいなものです。

読み終わった手紙をポストに戻す人はいません。家の中の適切な場所に保管、または処分します。

タスクでもこれと同じことをやります。

受信トレイ内のタスクに期限を付けて、適切なプロジェクトに移動する。

受信トレイに残っているタスクは、まだ処理(期限設定、プロジェクト移動)をしてないものだけです

処理したものを受信トレイに残していると、新たに受信トレイに入ってきたものと混ざってしまいます。

処理を必要とするものが分かりにくくなるし、重要なタスクを見落とす恐れもあります

INBOXゼロをやっていれば、受信トレイにあるものは処理が必要なものということになります。

余談になりますが、INBOXゼロは、タスク管理だけでなく、メールや書類など様々なものに使えます。

▼次回はこちら!
Todoistでタスク管理を身に付けよう!『Lesson8 重要なタスクに優先度を設定する』 | さいんぽすと

▼この連載のまとめはこちらです!
タスク管理ツール「Todoist」関連記事まとめ [タスク管理初心者向けもあります] | さいんぽすと

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。