WorkFlowyを使うとライトニングトークがみるみる組み立っていく!

人前で話すのが大の苦手です。

頭には良いアイデアがあるのに、話し始めた途端そのアイデアが崩壊していき、結局自分でもなにが言いたいのか分からなくなります。

そんな私が、「第1回広島ぶろがー会」でライトニングトークを担当することになりました。

参考:8/22(土)「第1回広島ぶろがー会」を開催します! | さいんぽすと

ライトニングトークとは、あるテーマに沿って5分間発表する、プレゼンみたいなものです。

ライトニングトークを考えるのに、クラウドアウトライナー「WorkFlowy」を使いました。

WorkFlowyを使うと、ライトニングトークを作りやすかったので、その方法を紹介します。

【参考】ブロガーにおすすめ!アウトライナー「WorkFlowy」を使えばみるみる記事が完成していく!

WorkFlowyを使ってライトニングトークを組み立てる方法

WorkFlowyでライトニングトークを組み立てるとき、次のような手順でやります。

  1. テーマのトピックを作る
  2. 「ライトニングトークをやる目的」トピックを作る
  3. 「伝えたい相手」トピックを作る
  4. 「伝えたいことリスト」トピックを作る
  5. リストアップしたアイデアをグループ化する
  6. グループに見出しを付ける
  7. 文章を肉付けしていく

それぞれを説明します。

1.テーマのトピックを作る

ライトニングトークのテーマを決め、WorkFlowyにトピックを作ります。

2.「ライトニングトークをやる目的」トピックを作る

なんのためにライトニングトークをやるのか、を考えます。

テーマの下位トピックにします。

3.「伝えたい相手」トピックを作る

ライトニングトークで誰に伝えたいのか、を考えます。

テーマの下位トピックにします。

ターゲットを明確にすることで、より伝わりやすいものになります。

4.「伝えたいことリスト」トピックを作る

テーマ、目的、ターゲットを思い浮かべ、伝えたいことのアイデアをリストアップしていきます。

テーマの下位トピックに「伝えたいことリスト」を作り、その下位トピックにアイデアをリストアップします。

ここでは、文章な流れや順序、階層化など気にせず、思いつくまま、どんどん書き出します。

5.リストアップしたアイデアをグループ化する

リストアップしたアイデアで似た内容のものをグループ化します。

ここからの作業が、階層化やトピックの移動が簡単にできるアウトライナーを使う最大のメリットです。

6.グループに見出しを付ける

グループ化したものに見出しを付けます。

最初は仮の見出しでもいいです。次の工程をやるうちにふさわしい見出しが絞り込まれてきます。

7.文章を肉付けしていく

見出しに沿って、再びアイデア出しをしていきます。

また、それと共に、加筆と修正を繰り返して、文章の流れを整えていきます。

スライドとセリフが同時にできあがっていく

上位トピックをスライドに使い、下位トピックをライトニングトークのセリフに使えるので、効率良くライトニングトークを組み立てることができます。

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。