子供から学んだ「チャレンジすること」と「自分の可能性」

スポンサーリンク

娘(4歳)がブリッジから足を蹴り上げて頭の後ろに立ち上がる技(ブリッジ回転?)ができるようになりました。

身体が硬い私にはこんな真似できません。やっても背中を強打して悶絶するのがオチです。

娘は幼稚園の授業で習得したのですが、4歳の子供にどうやって教えたのだろうと不思議に思います。

「できないことを知らない」と「できると知っている」の最強コンビ

「できないことを知らない」子供と「できると知ってる」先生の組み合わせだからできるのだと思います。

子供は「自分にはできないかも」なんて考えません。「自分もやりたい!」と思うからやります。時には危険なことも。

そこに4歳は教えればブリッジ回転が「できると知っている」先生がいる。

先生は子供が習得しやすいコツを知っています。

いくら子供が「自分はできる」と思っていても、一人でできるようになるのは難しいです。

先生からコツを教えてもらい、練習を繰り返すことで習得できます。

この二人の組み合わせだからできるのです。

大人も「できない」を忘れてチャレンジしよう

私を含め普通の大人は、「自分にはできない」という思いがあり、やる前から諦めてしまうことが多いです。

自分で自分の限界を決めてしまっています。これはとてももったいないことです。

やってみないと分かりません。今できないだけで、5年後、10年後もできないとは限りません

「できると知っている」先生を探すことも必要です。

そういう人はできるためのコツを持っているので、これからやろうとする人の手助けをしてくれます。

「自分にはできない」という思いは忘れて、やりたいことにチャレンジしてみましょう。

チャレンジした結果、できなかったとしても、元に場所に戻ることはありません。

そこにはチャレンジしたことによる「経験」が積み重なっています。これはチャレンジしなければ得られなかった「成長」です。

大人も大きな可能性を秘めている

子供の成長を見ていると、この子たちには無限の可能性あると感じ、ワクワクしてきます。

我々大人は、子供よりは可能性は限定されているでしょう。

それでも自分が想像しているよりずっと大きな可能性を秘めています

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

友だち追加
follow us in feedly
スポンサーリンク