iPhoneとデジカメSONY RX100M3で撮影した写真の管理方法

写真の管理はできるだけ手間をかけたくありません。いや、むしろ管理したくありません。

面倒くさがり屋の私は、iPhoneをパソコンに接続してバックアップを取ることなどできないのです。

幸いなことに、今はそんな私の怠惰な願いを叶えてくれる技術があります。クラウド最高!

先日、デジカメRX100M3を購入したので、これで撮った写真も簡単にバックアップする方法を考えました。

参考:iPhone 6 Plus以上の写真が撮りたくて「SONY RX100M3」を購入しました! | さいんぽすと

今回はiPhoneとRX100M3で撮影した写真の管理方法を紹介します。

iPhoneで撮影した写真の管理方法

iPhoneの写真は、MacとGoogleフォトの2ヶ所へバックアップするようにしています。

Macへの保存はバックアップ、Googleフォトは閲覧とバックアップを目的としています。

ローカルとクラウド、2ヶ所に保管することで大切な写真を失うリスクを小さくしています

iPhoneで撮った写真は次のように管理しています。

  1. フォトストリーム経由でMacに自動バックアップする。
  2. GoogleフォトアプリからGoogleフォトへ自動アップロードする。

iPhoneで写真を撮るだけで、自動的に(Wi-Fiがあれば)MacとGoogleフォトにバックアップできます

突然、iPhoneが壊れる事態になっても、大切な写真が失われることはありません。(フォトストリーム、Googleフォトにアップロードされる前のものは消えますが)

RX100M3で撮影した写真の管理方法

RX100M3で撮った写真は次のように管理します。

  1. 毎日、写真をWi-FiでRX100M3からiPhoneに送る。
  2. iPhoneからフォトストリーム経由でMacへ自動バックアップする。
  3. iPhoneのGoogleフォトアプリからGoogleフォトへ自動アップロードする。

iPhoneだけの場合と比較して、RX100M3からiPhoneに送る作業が増えただけです。この作業はWi-Fiで直接iPhoneと接続するため、RX100M3とiPhoneがあればどこでもできます。

iPhoneに送りさえすれば、あとは自動的にフォトストリームとGoogleフォトにアップロードしてくれます。

RX100M3からMacに保存する方法もありますが、MacからGoogleフォトにアップロードする手間がかかる、Macで作業できる時間が限られている、Macの写真アプリの使い方がよく分からない、などの理由で断念しました。

バックアップされる写真サイズについて

フォトストリームからMacにダウンロードされるサイズはオリジナルのままです。

一方、Googleフォトは16メガピクセルを超えるものはリサイズされます。

iPhoneで撮った写真なら、Googleフォトでもリサイズされることなくオリジナルサイズでアップロードされますが、RX100M3の写真は少しリサイズされます(設定によりますが)。それでも十分な解像度です。

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。