自分の時間を確保するため、子供を寝かしつけるとき目覚ましをセットする

子供たちを寝かしつけつつそのまま一緒に寝落ちすることが日常になっています。

睡眠は最低6時間確保することにしています。それ以下になると、日中に眠気やだるさが襲ってくるので望ましくありません。

4時に起きるので、22時に眠れば十分な睡眠を取ることが可能です。

でも、現状は21時過ぎに子供たちと一緒に寝てしまうので、睡眠時間が過剰になっています。

もう少し自分の時間がほしいと感じているので、22時まで数十分を残して寝てしまうのはもったいないです。

わずか数十分のことですが、自分の時間が増えるのは喜ばしいことです。今は早朝の1時間45分しかありません。

もっとブログを書いたり、本を読んだりする時間がほしいのです。

寝落ち用の目覚ましをセットする

寝る前の数十分を取り戻すため、子供たちを寝かしつけるときに目覚ましをセットすることにしました。

目覚ましといっても朝ではなく、子供が寝付いているであろう15分後に鳴るようにセットします。

これにより、寝落ちに怯えながら、目をつむって――目を開けていると娘が話し続けていつまでたっても寝ないのです――子供が寝るのを待つ必要はなくなります。寝落ちしてしまってもいいのです。

なかなか寝ない子供にイライラすることもありません。

ただ、アラームで起きたとしても、睡魔にそそのかされ、そのまま寝てしまう可能性は大いにあります。

睡魔へのささやかな抵抗として、アラーム名を少しでも起きたくなるよう、「本日最後の貴重な自分の時間のはじまり!」としました。

あとがき

今の自分に残された時間はここしかないんですよね。たった数十分ですが、積み重なると大きな時間になります。

Posted from SLPRO X for iPhone.

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。