人の目を気にせずラクに生きるために黒猫が教えてくれた9つのこと by 金光サリィ – 自立して自由に生きるための黒猫思考

スポンサーリンク
slproImg_201510071622190.jpg

金光サリィさんの「人の目を気にせずラクに生きるために黒猫が教えてくれた9つのこと」を読みました。

その中からぐっときたポイントを紹介します。

あらすじ

東京での人間関係に疲れ、自分探しのため沖縄へ引っ越してきた、主人公の薫。

那覇市にあるバー「ルカインド」で黒猫の「ライオン」に出会います。このライオン、人の脳内に直接語りかける能力を持っているのです。

ライオンが薫に「黒猫思考」を伝授する、というストーリーです。

黒猫思考とは?

黒猫思考とはなんでしょうか?黒猫のライオンは次のように説明しています。

「そうさ。猫は主従関係ではなく対等なんだ。この混沌とした世の中から自由になるには、自立して猫のような対等コミュニケーションを手に入れればいいんだよ。私はそうなるための考え方を『黒猫思考』といって、悩める人たちに伝えているわけ」

28ページより

親と子、先輩と後輩、上司と部下、会社と従業員。私たちの身の回りには主従関係があふれています。

主従関係でうまくやっていくために、上の人に好かれよう好かれようと、相手の顔色をうかがうようになります。そのためには、自分の気持ちを押し殺すことも必要になります。

でも、「自分は猫のように自由気ままに生きるんだ!上の人だからって従わないぞ!対等なんだ!」と強がったとしても、自立できていなければ、あとで痛い目にあうのは目に見えています。

自立した上でこそ、対等なコミュニケーションを手に入れられるのです。

自分の一番の味方は?

今よりもっと良くなりたいとがんばっているのに、いつもそれを邪魔してくる人がいます。

私の身近にもいて、たびたび足を引っ張ってきます。おそらく、あなたにも……。

誰だと思いますか?

それは他の誰でもない、自分自身です。

「口に出さなくても、脳にとっては独り言と同じなんだ。たとえば、『どうせ私なんて』とか『私にはムリ』とかね。こんな言葉を自分に言い聞かせているなんて、悲しくはないかい?『自分探し』なんて言ってるけど、そのままだと自分なんてどこにも見つからないよ。まずは自分自身を、自分の一番の味方にしなくちゃ。わかる?」

(中略)

「そう、自分を一番の味方にできれば、すごくラクに、イキイキと生きることができるようになるんだ。どんなときも自分を励まして、できると信じて、背中を押してあげられる自分になるんだよ」

33ページより

ものすごく心当たりがあります。この記事を執筆している今も、「あの人と比べて自分には取り柄がない」という思いで心がモヤモヤとしています。

ときには、他の人が応援してくれていても、「自分」が自分を攻めているということもあります。

生まれたその瞬間からそばにいて、今も、これからもずっと一緒にいる「自分」が自分の味方をしてあげないのは、とてももったいないし、悲しいことです。

誰になにを言われようが、「自分」は自分を信じてあげる、味方でいてあげるべきです

他人をコントロールすることはできませんが、「自分」はコントロールすることができます

群れずにひとり行動する

黒猫思考の人は自分に自信を持つため、ひとりで行動します。それはなぜでしょう?

自信とは、字の通り「自分を信じている」ということ。つまり、自信がないとは、「自分を信じられない」状態だ。「信じられない人」と聞いた時、その人の特徴がいろいろと浮かぶだろうが、集約すると、”約束を守らない人”ではなかろうか。

ということは、自分が決めた約束を守らなければ、どんどん自信をなくしてしまうと考えられる。逆を言えば、自信を持つには、自分との約束を守れば良いのだ。たとえば、明日は朝7時に起きると決めたら必ず起きる、とかだ。

51ページより

私を含め日本人は、自分より他人を優先する傾向が強いです。

カレーが食べようと思っていたのに、みんながラーメンというから「空気を読んで」ラーメンにする、今日は早く帰ろうと思っていたのに、みんな二次会に行くから「空気を読んで」参加する。

他人との約束を破ることは良くないと分かっているのに、自分との約束は簡単に破ってしまいます。これでは、自信を持つことが難しいのは当たり前です。

本書では、自分との約束を守り、自信を持つため、ひとりで行動することをすすめています。

ひとりで行動すれば、やろうと思ったこと(自分と約束したこと)は、その通り実行できます。

どんな簡単なことでも自分との約束を守ることで、だんだんと自信を持てるようになってきます

受け身にならない

黒猫思考の人は、受け身にならず行動も感情も自分で選択します。

よく「○○させられた」と言う人がいる。「つまらない仕事をさせられた」「嫌な気持ちにさせられた」などというふうに。でも、自分の行動はすべて自分で選択していると思えば、考える機会や新しい発見も増え、自分の価値観を作っていくことにつながっていく。価値観が新しく生まれると、自分で選択して行動している感覚が増えて、ますます「させられている感覚」がなくなっていくんだ。

55ページより

人は出来事に反射的に反応するだけでなく、行動も感情も自分で選択する能力を持っています

子供がジュースをこぼしてしまったとき、怒鳴ることもできるし、穏やかな声で教えることもできます。どちらの行動を取ったとしても自分で選んでいるのです。

これは決して簡単なことではありませんが、行動も感情も自分で選んでいるのだ、と認識することで、少しずつ変えていくことができます

モヤモヤは人に吐き出さない

「『問題』と、問題から生じた『気持ち』、この2つの違いをはっきりさせるんだ。同じ問題が二度と起こらないように『問題』に対して策を練らなければならないのに、その時の不快な『気持ち』だけに意識を向けがちだよね。

60ページより

モヤモヤしているとき、誰かに「気持ち」を聞いてほしくなります。それを誰かに愚痴ることですっきりします。

でも、「気持ち」がすっきりすることと、「問題」が解決することは別なのです。

大切なのは、「問題」の解決に目を向けること。「どうすれば良いのだろう?」と自問することです。

そう問いかけることで、脳が答えを求めて動き始めます。愚痴を言ってすっきりするだけではこうはなりません。

あとがき

分かりやすいストーリーなので読書に慣れてない人にも読みやすく、誰にでもすぐに実行できる内容で、人生をラクにする教えがたくさんつまっています。

人の目を気にしすぎ、生きにくいと感じている方におすすめです!

あっ、犬派の人でも大丈夫です!

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

友だち追加
follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。