ようやく早起きのスランプを抜けられた!

IMG_9020

こちらの記事で10月になって朝起きられなくなったこと、それを改善する対策を書きました。

季節の変わり目で乱れた睡眠リズムを元に戻す対策 | さいんぽすと

二度寝を繰り返す日々を過ごしてきましたが、10月も終わりに差し掛かりようやく今までどおり4時起きができるようになってきました。

起きたい気持ちが出てきた

起きられないときは、4時にアラームで目が覚めても起きようという気持ちが皆無で、迷うことなく二度寝に突入していました。二度寝しても気持ちよく起きられるわけではないのがつらいところです。

ところが、10/28くらいから起きたいという気持ちになってきました。アラームで目を覚ますと、起きてからやりたいことが頭に浮かんでくるのです。

寒くなってきて布団のぬくもりが恋しく、すぐに布団からでることは難しいですが、二度寝することなく起きられるようになりました。

寝る時間や生活スタイルは変わってないにも関わらず、このような違いが起こるのはおもしろいですね。

実施した対策

実施した対策としては、前述の記事のとおり、次のことをやっただけです。

  • いつもどおり早寝する
  • お酒を飲まない
  • 自分を責めない

特別なことはなにもなく、いつもどおりの生活をしていただけです。

ただ、早起きできない自分を責めることはしませんでした。

身体のシステムがそうなっているから仕方ないと開き直り、身体が慣れてくるのを二度寝を楽しみながらひたすら待ち続けていました。

ここが重要なのではないかと考えています。

自分を責めると自己否定につながり、「早起きできないダメな自分」になってしまい、復帰するのに時間がかかるのではないでしょうか。

あとがき

「季節の変わり目は気温の変化に身体がついてこられず起きにくくなる」

それを知っているだけで、不必要に自分を責めることなく、心穏やかに身体が慣れるのを待つことができます。

ちなみに、早起きのスランプを抜けるのに3週間近くかかりました。

3週間といえば習慣化に必要といわれる期間と同じです。

身体が変化に対応するにはこれくらいの時間が必要なのかもしれません。

無料メール講座「子育て中でも自分の好きを仕事にする方法」のご案内

子育て中だからといって自分のやりたいことや好きなことを我慢していませんか?

たしかに子育て中は自分の時間が取りにくいもの。子育ては大切だから仕方ないとあきらめてしまう気持ちは分かります。

だけど、その生活がこれからもずーっと続いていくとしたらどうですか?子育てが落ち着いたとき、あなたは何歳で何をやっているのでしょう?

あなたは今からでも好きなことをやっていいし、今だからこそできることだってあるのです。

また、自分のやりたいことが分からなくても大丈夫。僕もそこからスタートして、今は子育てしながら自分の好きなことを仕事にできていますから。

無料メール講座(全7回)では、子育てを大切にしながらでも自分のやりたいことや好きなことをやる方法をお伝えします。

ぜひ登録してみてください!

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。