凡文を名文に変える技術 by 植竹伸太郎――読みたくなるブログを書くために文章力を鍛える

スポンサーリンク

「もっと上手な文章を書きたい!」という欲望が湧き上がってきました。

せっかく貴重な時間を使ってブログを書くのだから、読みやすく、伝わりやすい文章を書きたいのです。

文章力を上げることは、読者のためでもあるし、自分の文章に自信を持つことでもあります。

ブログを始めるまで、文章を書くこととは無縁の人生を歩んできた――むしろ大嫌いでした――ので、このような気持ちになるのは不思議なものです。

最近集中的に読んでいる文章力を上げる系の本の中から、「凡文を名文に変える技術」を紹介します。

語彙のバリエーションを増やす

日本語には同じ動作を表す言葉でも豊かな表現があります。

たとえば「言う」という動作には、「言い出す」「言い立てる」「つぶやく」などがあります。

ひとつの文章に「言う」ばかりだと面白味がありません。

同じ意味を持つ様々な単語を使うことで、文章が通り一遍になるのを防ぎ、表現豊かな文章にすることができます

私は類語を調べて、同じ単語を繰り返さないように心がけています。

参考:文章の表現力を上げるため、類語を調べる! | さいんぽすと

文を磨くために削る

文章を書き上げたあと、誤字脱字をチェックするだけでなく、文章を削ることも大切なことです。

同じ内容を繰り返していてくどいところ、わざわざ書かなくても分かるところ、読者に必要ないデータなどは削り落としていきます。

せっかく書いた文章を削るというのはもったいない気もします。でも、余分な文章があるがために、本当に伝えたい部分が見えにくくなってしまっては本末転倒です

人間な身体と同じように、余分な贅肉は削ぎ落とした方がいいのです。

読点(、)の位置

文章を書く中でいつも迷うのが「読点(、)の位置」です。

本書では読点を打つ位置について、次のように書かれています。

  • 一息つく場所に打つ
  • 文章のまとまりごとに打つ

ダラダラと長い文章は一息で読むことができません。読点で区切ってあげると読みやすくなります

とはいえ、読点を打ち過ぎると、文が途切れリズムが悪くなり、かえって読みにくくなります。

どこに読点を打ってもしっくりこない場合は、語順を並べ替えてみるテクニックもあります

書き出しで惹きつける

ブログ読んでもらうためにはタイトルの付け方は大切です。タイトルのできがリンクを開くかどうかの分かれ道だからです。

タイトルの次の読まれるのは冒頭の数行です。

ここで読者を惹きつけられるかどうか、これが重要です。

本書では前書きはいらない、いきなり本文に入ったほうがいいと主張しています。

冒頭の数行を読んで、もっと先を読みたいと、思わせるような工夫が必要ということです。

私もそうですが、つい前書きを書いてしまう人が多いそうです。

前書きを書かない、そう意識するだけで、違った展開になるのではないでしょうか。

あとがき

著者のカルチャー教室の受講生が書いた文章を例に、良い点と悪い点、改善例を説明してあるので理解しやすいです。

一読するだけでも文章で気をつけるべきポイントが分かり、読む前より上手に文章を綴れるようになっていることでしょう。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

友だち追加
follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。