iPhone 6 PlusからiPhone 6s Plusへ買い替えたたった1つ理由

slproImg_201511241227170.jpg

iPhone 6 PlusからiPhone 6s Plusへ買い替えました。

参考:Macの買い替えを検討した結果、購入した意外なモノ | さいんぽすと

iPhone 6s Plusが発売された当初も買い替えを検討しましたが、結局見送りました。

その理由は、余分なお金を払ってまでiPhone 6 Plusから乗り換える魅力を感じられなかったからです。

では、なぜ発売から2ヶ月たった今、買い替える決断をしたのか、その理由を紹介します。

買い替えを決断したたった1つの理由

iPhone 6s Plusの購入を決めた理由は、動作が軽く、サクサク動くからです。

iPhone 6 Plusは動作が重たく、文字入力を始められるまで少し待ち時間があるのです。

時間としては1.5秒くらいですが、私の場合、Twitter、日記、Twitter、ブログ、Twitterと、文字を入力する頻度が多く、その度に待たされてストレスになるし、思考も中断され生産性も悪くなります。

iPhone 6 Plusの動作が重たい原因は、メモリが小さいためだといわれています。

iPhone 6 Plusのメモリは1GBですが、iPhone 6s Plusでは2GBになっています。

メモリが2倍になったことで、動作が軽くなり、ストレスなく文字を入力することができるのです。

買い換えたい欲求が高くなったのは、店頭でiPhone 6s Plusの実機を触ってからです。一度サクサク動くiPhone 6s Plusを体験してしまったら、iPhone 6 Plusのモッサリした動作が余計に遅く感じるようになってしまいました。

私にとってiPhoneはただの電話ではありません。

タスクを管理して生活をコントロールする、最新の情報をインプットする、ブログで情報発信をする、第2の脳Evernoteに蓄えた情報を引き出すなど、多くのことがiPhoneを起点としていて、これなしの生活は考えられません。

iPhoneの不都合を改善することは、生活全体を改善することにつながるのです。

と、大袈裟なことを言ってますが、新しいiPhoneが欲しいという気持ちは常々あり、そこに買い替えるに値する理由が現れて、欲望に対するブレーキが効かなくなったということです。

iPhone 6s Plusを使っている人から文字入力が快適だという情報を得て、買い替えを決断しました。

あとがき

実際にiPhone 6s Plusを使ってみると、本当に動作がキビキビして最高です。

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。