赤ちゃんと同じ目線になると見える世界

7ヶ月になる赤ちゃんがずりばいで向かってきたので、こちらも負けじとほふく前進で対抗してみました。

普段は赤ちゃんのことを物理的に上から見ています。

目線の高さをぐっと下げて、うつ伏せで床に転がる赤ちゃんと同じにしてみると、新しい発見があるかもしれない、そう思いました。

上からでは見えないものがあるはずです。

気づいたこと

床にうつ伏せになると、赤ちゃんは一瞬驚いたような表情をしたあと、すぐにうれしそうな笑顔になりました。

表情、しぐさ、行動をよく観察しつつ、こちらから遊んであげるのではなく、行動を真似して赤ちゃん主導で遊びました。

手をぶんぶん振ったり、床をバンバン叩いたり、手に付いたよだれをつけてきたり、頭突きをしてきたり。

今まで見過ごしていた表情やしぐさを発見できました。

赤ちゃんの目線で見ると、大人は巨人です。巨人が自分と同じ高さまで降りてきてくれる。

大人にとってはそんなに変わらないけど、赤ちゃんからすると全然違うのではないかと思います。

また、うつ伏せになって赤ちゃんとの遊びに集中することで、「今この瞬間」を大切にできます。

カメラで普通に撮影するのと比べて、被写体に近づくマクロ撮影だからこそ捉えられる美しさがあること、と似ています。

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。