アブラサスの「薄い財布 ブッテーロレザーエディション」を使って1年が経過したのでレビューします!

スポンサーリンク

薄い財布、1年が経過した今もお気に入りで、毎日使っています。

使っているのは、「薄い財布 ブッテーロレザーエディション」。

1年使った財布の状態、良いところとイマイチなところ、使うときののコツを紹介します。

丈夫で痛みが少ない

毎日カバンにやお尻ポケットに入れて使っていますが、細かいスレ以外目立った傷はありません。

▼小銭入れの部分。

▼裏面もキレイ。

▼サイドの縫い目もほつれはない。

▼開いたところ。(撮影のために1万円札を前面に出したのはナイショ)

革、縫製ともに丈夫です。

革の手入れはまったくやっていませんが、革がへたってきた様子もありません。

メンテナンスすればもっとキレイになるでしょう。

薄い財布の良いところ

お尻ポケットに入れても存在感がない

薄い財布をお尻ポケットに入れたまま座っても、まったく存在感がありません。

あまりの存在感のなさに、「財布持ってるかな」と不安になって確かめることもあります。

鍵ポケットが便利

お札を入れる場所の裏に鍵を入れるポケットがあります。

鍵が1本しか入りませんが、自宅の鍵を入れておけば財布だけ持って出掛けられるので楽です。

ただ、鍵をたくさん持つ必要がある人には向かないですね。

▼毎日鍵を出し入れしているけど、痛みはありません。

余計なものが溜まらない

財布の中に次のようなものが入っていませんか?

  • 一回しか使ってないポイントカード
  • 滅多に行かない病院の診察券
  • 期限切れのクーポン
  • レシートの束

薄い財布なら、これらが溜まることはありません。

溜まるスペースがないので、常に必要最低限のものだけを持つことができます。

薄い財布のイマイチなところ

小銭が入れにくい

1年使っても、小銭入れだけは慣れません。

レジでお釣りを受け取るとき、毎回ドキドキ、まごまごします。

その場で小銭入れに入れることは断念し、レジから離れてゆっくり入れるのがコツです。

うまく使う工夫が必要

薄さを実現するため、カード、小銭、お札の入る数を極限まで削っています。

他の財布から移行するとき、ここに不満を感じることでしょう。

うまく使うために工夫が必要です。

私がやっている工夫は、次のようなもの。

  • カードケースを別に持つ
  • 電子マネーを使う
  • できるだけ小銭を使う
  • 余分な小銭は財布から出す

詳しくはこちらの記事にまとめています。

【参考】「薄い財布」をうまく使うための工夫 | さいんぽすと

まとめ

使い方にコツがいるし、そもそもモノが多い人には対応できません。

でも、薄いは正義、財布が薄いことのメリットは大きなものです。

もう他の財布には戻れません。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

友だち追加
follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。