レジで会計後すばやく立ち去らなければいけないという思い込みを外す

レジでお金を払ったあと、早く立ち去らなければ、と焦りませんか?

私は焦ってしまいます。

薄い財布」という小銭を入れにくい財布を使っているから、その場で小銭を入れず、右手に小銭とレシート、左手に財布と商品を持ち、さささっと次の人に明け渡し、レジから離れた場所で小銭をしまいます。

店員さんから無言のプレシャーを感じることもあります。

でも、ふと気づきました。

焦る必要なくない?」、と。

根底にある思い込み

この行動の根底には、「もたもたしていると次の人や店員さんに迷惑がかかる。自分ごときが人を待たせてはいけない」という思い込みがあります。

その更に奥には、自分の前の人がもたもたしているとイライラする、という身勝手な思いもありそうです。

昔ファミレスでバイトをしていた頃、こちらは忙しいのにレジでもたもたする人がいてイライラしていたことが、心の中に残っているのかもしれません。

もたもたしたっていいんだよ

このもたもたする時間だって、通常の買い物の一連の動作なんですよね。

そこに時間がかかったからといって、恐縮する必要はありません

たかが数秒、長くても10秒。

それくらい待ってもらおう。そして、待ってあげよう

今までなにをそんなに焦っていたんだろう?

のんびりいこうよ、人生は。

この思い込みを外すため、レジ前で焦らず小銭を財布にしまうことにしました。

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。