英語が話せるかどうかより、何を語るかが大切

「英語は必須だ!子供には早くから英語を!」という声が聞こえてきます。

でも、英語の習得よりも大切なのは、土台となる能力を鍛えることです。

何を読み、何を考え、何を体験し、何を書き、何を話すのか。

英語が話せるようになったからといって、日本語で話す以上の内容が話せるわけではありません

日本語でレベルの低い会話しかできない人は、英語が話せたところで、レベルの低い会話しか話せません。

英語はあくまでもコミュニケーション言語の1つにすぎないのです。

英語を特別扱いする必要はない

もちろん、英語を話せないより話せた方がいいことは間違いありません。

操れる言語が多いほどチャンスは増えるし、世界中どこへでも出掛けていけるし、得られる情報や体験が格段に多くなります。

だからといって、「英語さえできればなんとでもなる」とはなりません。

日本人は「英語コンプレックス」の人が多いように感じます。

自分は英語が苦手だから子供には小さい頃からしっかり勉強させておこう、という具合です。

子供が小さい頃から英語をやっておいて損はない、という人もいるでしょう。

でも、英語を勉強する代償として、他に体験できるはずだったことをできなくなるのです。

英語を特別扱いする必要はありません。たくさんあるスキルの中の1つにすぎません

その英語、本当にやりたいことですか?もっとやりたいことないですか?

本当に能力のある人、魅力のある人は、英語が話せる話せないは関係なく仕事はできるし、人生は楽しめます。

英語を話せるかどうかよりも、なにを語るのかが大事

言語はなんでもよくて、いろんな体験を通じて、知識や経験を積み重ねて、自分のレベルをあげることが大切です。

英語ができなくても、世界があっと驚くようなスキルを持てばいいのです。

本当に英語が必要になったときに学んだらいいし、困ったときは英語ペラペラの友人を頼ったらいいのです。

あとがき

私自身、英語は話せないので、話せたらいいなと思います。

でも、今はそれ以上にやりたいことがあり、まだまだ学び、体験することがあるので、そちらを優先しています。

英語がやりたい人はやればいいし、他にやりたいことがある人はそれを楽しんだらいいのです。

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。