モーニングページで思考を書き留めるのが楽しい!

スポンサーリンク

最近、朝起きて一番にやることを変えました。

今までは日次レビュー(前日の振り返り)からスタートしていたんですが、これを後回しにして、モーニングページをやっています。

【参考】早起きしてやることを決めておこう!4時起きを習慣にして分かったコツ!

モーニングページってなに?

モーニングページとは、頭に浮かぶことを取捨選択せずひたすらノートに書きつけていくものです。毎日ノート3ページ分書きます。

▼こちらの本で紹介されています。

【参考】絶大なる効果!毎朝「モーニングページ」を書くと、人生が変わる?! ぜひ、習慣に!【実践者の声も】 – NAVER まとめ

モーニングページをやって気づいたのは、行動は同じでも思考は違う、ということ。

同じ時間に起きて同じ場所に座って同じノートに書いても、ある日はポジティブなこと、ある日は悩んでいること、ある日はまとまりのない思考の羅列、という具合で全然違うんですよね。

しかも、書き終わってみないとなにが記されるか分かりません。これがおもしろい。自分であって自分でないような感覚です。

モーニングページを楽しめるようになった理由

実は、過去にも挑戦したことはあったのですが、なかなか楽しさが分からず続きませんでした。

手書きは自分には向いてない、とEvernoteでやってみたりしましたが、それでも挫折。

それが今では毎日楽しく続けられています。

続くようになった要因としては、次のようなものが考えられます。

  • 毎日ブログを書いている
  • ブログを通じて頭の中のものを吐き出す楽しさを知った
  • 毎日アイデア出しをやっている

ブログを毎日書くようになって、頭の中のアイデアを文章にする楽しさを知りました。

とはいえ、記事にまで成長しないアイデアだったり、不安な気持ち、とりとめもない思い、それらを受け止めてくれるのが、モーニングページというわけです。

また、毎日アイデアをひねり出すことを習慣にしたのも、モーニングページのハードルを下げてくれました。

【参考】アイデアをひねり出すためにやること

手書きとデジタル、どっちがいい?

以前は、デジタル大好きでなんでもかんでもEvernoteやWorkFlowyで書いていました。

デジタルのメリットは、検索や修正、コピペができるし、場所も選ばないし、荷物も増えません。

いちいち書き写さないといけない手書きノートなんか使っていられない、と思っていました。

でも、最近は、手書きで思考を書き出すことが心地よくなってきました。

手書き独特の思考のリズムがあったり、ペンを走らせるのとキーボードを打つのとでは、思考の展開が違ったりします。

私には、デジタルか手書きかどちらかを選ばないければいけない、という思い込みがあったことに気づきました。

どちらか一方に絞る必要はなく、どっちも使えばいいんですよね。

手書きができるときは手書き、iPhoneしか使えないときはEvernoteやWorkFlowy、という風にケースバイケースでやっていけばいいのです。

両面から攻めることで、より多くの魅力的なアイデアを拾い集めることができます。

あとがき

朝起きたときは、エネルギー満タンでどんどん思考が湧いてきます。

この思考を記録し続けることで、自分でも気づいてない一面を発見できるかもしれません。

もう少し続けて、その効果を紹介します。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

友だち追加
follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。