直感を信じて行動すると、おもしろいことが起きるよ!

slproImg_201605201753420.jpg

直感に従って行動していますか?

ストレングスファインダーで「慎重さ」があったり、野望の会で「建設的」というカードを置かれる、石橋を叩いて渡るタイプの私ですが、意外と直感に従って行動することが多いんです。

慎重に準備していく一面もありつつ、「えいや!」と飛び込む一面もあるのです。

直近の直感

今日もまさに直感による行動がありました。

深夜0時、ふと目覚めてなんとなくTwitterを見てしまいました。(この行動自体はちょっとやばい)

そこで見た記事から、ある本を買おう、という直感が働いたのです。そこで買ったのがこれ。

この本は興味があってAmazonのほしいものリストには入れてましたが、読んだ記事はこの本について言及しているわけではないし、コーチングについて書かれたものでもありませんでした。

それでも、その記事を読んで「あの本を買おう!」という直感が働いたのです。

直感の赴くまま、Kindle版を購入し、布団の中で「はじめに」を読んでしまいました。

別に今買わなくてもいいんです。ほしいものリストに入ってるんだから。でも、買っちゃった。

その結果何が起こったか。

眠れなくなってしまったんですね。暗闇でブルーライトが目に刺さって。

おかげで寝不足。

直感はターニングポイントになる

時々、こうして直感が働くことがあります。

そして、直感に従った行動は、結果的に良いターニングポイントになることが多いです。

直感とは、人生を楽しくするヒント

日常のふとした拍子にポンっと、それは姿を現します。

小さなヒントだからさほど重要感はないけど、どこか惹かれるものを感じるのです。

それは、周りの人の何気ない行動であることが多いです。

絶賛するわけでもなく教えてくれた本、FacebookやTwitterで流れてきた記事など。

それらの小さなヒントを手に取り続けることで、点と点が繋がっていき、ステキな場所へと導いてくれます

振り返ってみると、たくさんの直感が積み重なって、今の私ができています。

直感に従うコツ

直感って理屈じゃないから行動しにくいんですよね。頭ではそれが正解なのか判断つかないのです。

いや、むしろ頭に言わせれば、「やめといた方がいいんじゃない」ということの方が多い。

そんな頭の声は無視。頭が否定し始める前に行動してしまうのが、直感に従うコツです

直感が正しいかどうかは、行動してみれば分かること。直感を疑って行動しないのはもったいない。

とはいえ、行動した結果、失敗することもあるでしょう。でも、そのときは失敗に見えても、その経験から学べるし、意外と後から見たらその失敗さえも成功への布石だったということもあります。

行動して起こることに、失敗はないのです

あとがき

頭でしっかり考えて行動するのもいいですが、直感に従って「なにが起こるだろう?」とワクワク成り行きを見守るのもおもしろいものです。

コーチングのご案内

日々の生活の満足度はどれくらいですか?

今よりも満足度が上がったとしたら、どんな自分になれるでしょうか?

コーチングは、コーチとクライアントの1対1の対話を通じて、クライアントがより充実感にあふれ、よりバランスの取れた、より味わい深い人生を歩んでいくことを目指すものです。

一緒にあなたのまだ気づいていない可能性を見にいきませんか?

対面でも、遠方の方はビデオチャットZOOMやSkype(映像なし)でも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

▼くわしくはこちら。

コーチングのご案内

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

LINE@をはじめました。読者のみなさんと双方向のコミュニケーションを取れる場です。質問、相談など気軽に話しかけてください。

下のボタンから登録できます。

▼Feedlyの登録はこちら。

follow



▼LINE@の登録はこちら。

友だち追加

▼Twitterのフォローはこちら。